賃貸では隣との間取りで音が異なる

賃貸の良いとこは、住居関係の急な出費がないことや、何かあっても、いつでも引っ越せるという気軽さです。

賃貸物件の良いところ

賃貸の便利なところは家賃以外に維持費がかからないところです。例えば、排水管のトラブル、公共の場の電気など、その建物のメンテナンス費用が突然いらないので、住居によっての予想外の出費がありません。その点は、かなりのメリットと言えます。また出て行く時にだいたいの契約は「原状回復」となっていますが、日常生活での汚れや、傷なの細かいところの修復費までは請求されにくいので、よっぽど、気を使わなかったり、掃除をしなかったとか、大きな破損がない限りは最初に収めた敷金だけで賄えます。

賃貸と一言で言っても、ワンルームのようなアパートから、メゾネットのような一階と二階があるお部屋のタイプもあるので、物件選び次第で、戸建てより快適な生活を送れるところもあります。新しい物件になりますと、最新のシステムがついてきたり、家具がついていたり、ネットが使いたい放題なんていう嬉しい特典付きの物件も存在します。もし、合わない環境であれば、引越しもできます。この気軽さ、お得さ、住居でのまとまったお金のいらなさは、年に二回もある固定資産税や、ほぼ一生続いていくご近所付き合い、周辺の人間関係、老朽化によるメンテナンスが必須な戸建てにはない魅力です。

お役立ち情報

  • 鍵(山形)についてはこちらのサイトがオススメ。