賃貸では隣との間取りで音が異なる

高校生のときにはじめて彼女ができたので、家を出て二人で知り合いの賃貸物件を借りて同棲を始めました。

彼女と賃貸物件で同棲を始める

高校生の時にはじめて彼女ができました。3年間片思いをしていたので、彼女になってくれた時には感動しました。しかし、ひとつだけ問題があったのです。彼女の家庭は複雑で、父親が一人しかいません。家庭の環境に馴染めない彼女は、ずっと家を出たいと口にしていたのです。そこで、高校生を卒業すると同時に二人で同棲をすることにしました。同棲をするときに問題となったのが賃貸物件の探し方です。二人共高校生を卒業したばかりで、世間的な常識が全くわかりませんでした。

普通であれば、不動産を利用してインターネットや雑誌で物件を探します。しかし、時間もなかったので彼女の知り合いの人に頼むことにしたのです。その方は、アパートを持っていたので不動産を介さずに直接契約をすることができました。一番の問題が解決し、二人での同棲生活を送ることができたのです。不動産を仲介しなくても家主に知り合いが居る場合には、直接契約することができると知ったのです。本当に優良の物件を探したい場合には、知り合いの家主に紹介をしてもらうのが一番いいでしょう。状況によっては、家賃の交渉ができる時もあるのでうまく交渉をしてみましょう。知り合いであっても、物件を実際に見て契約をするといいです。